デートの答えあわせ【A】 Vol.11

あなたのセーターは、大丈夫?“家庭的でいい女”を目指した女の失態:デートの答えあわせ【A】

男女の仲を深めるのに欠かせない、デート。

完璧だったと思ったのに、うまくいかないときもある。私たちはそんなとき、こう考える。

―あの時の、何がいけなかったのだろうか?

あなたはその答えに、気づけるだろうか。

ティッシュとハンカチを持ち歩き、料理の写真も見せて自分では良い女を演じられたと思った由紀。しかしデート後、急に冷たくなる。

その答えや、いかに。


由紀を初めて見た時、何て可愛い子なんだと衝撃を受けた。

まるで小動物のように華奢で、手のひらにすっぽりと収まりそうな小さな顔に、大きな瞳。

“学生時代はタレント業をかじっていた”というのも納得の可愛さだった。

「健太郎君は、どうして彼女がいないんですか?」

長年交際していた彼女と別れて以来、ピンと来る子がいない。

しかしもう28歳だし、そろそろ結婚を視野に入れて付き合える女性を探したい。そんな時に紹介されたのが由紀だった。

「健太郎君の、タイプは?」
「可愛らしくて愛嬌のある子かなぁ。」

まさに、由紀みたいな子だ。

だから向こうからデートに誘ってくれた時は正直驚いたし、単純に嬉しかった。

タイプどんぴしゃの由紀。これで僕は、幸せになれる...

そう思っていたが、デート中に垣間見えた由紀の本性に、僕は落胆してしまう。

【デートの答えあわせ【A】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo